二次会の景品をお探しの方必見の情報

結婚式や忘年会の二次会の幹事を頼まれると、司会進行も考えなければなりませんが、ゲームの景品を用意するのも大きな仕事の1つです。景品を楽しみにして二次会に参加している人もいますし、どんなものを選ぶのかは幹事の腕とセンスにかかっています。参加者の満足度が高く、パーティーが盛り上がるためにも景品選びのコツを知って押さえておきましょう。まず、選ぶ時の大前提として、参加者の男女比や属性から品物を決めていきます。男女比もですが、独身か既婚かによって喜ばれるものも違います。一等など上位には目玉になるものを選ぶのはもちろんですが、できるだけ多くの参加者に当たるように個数を決めていくのも大切なポイントです。ある程度の個数以下は残念賞という形でも景品は多めに用意すると親切です。

二次会の景品の上手な選び方のコツ

二次会の景品を選ぶ時には、まず予算を立てます。参加者の人数にもよりますし、その予算はどこから出るのかにもよりますが、結婚式の場合は参加者の会費から出される場合と新郎新婦が全額負担する場合や一部負担する場合など、その時々で異なります。予算は5万円から10万円というのがよくあるケースです。目玉商品は、3個から5個用意しておくと盛り上がります。まず目玉商品を決めて予算割をし、次に残った金額の中からバラエティを豊富にして景品を選んでいきます。会社関係の二次会でしたら、景品の中に自分の会社の製品を入れると予算を削減することもできます。予算的にはそれほど高くなくても、なかなか自分で買わないものなどもありますので、そのようなものや手軽に買える金券などを入れるのもテクニックの1つです。

喜ばれる二次会の景品はどんなものか

二次会の景品は目玉商品から1つずつ選んでいく方法もありますが、最近はネット通販のお店を利用すると予算内で目玉商品から末等までパッケージされているものもあります。時間があまりない方はこういうものを選んでみるのも手軽でおすすめです。景品で人気が高いものは、カニや牛肉などの高級食品系、自動掃除機やブレンダーなど、自分ではなかなか買わない家電、TDRやUSJなどの入園チケットなどです。食品は、実物ではなく目録を当日に当たった人に渡し、もらった人が自分の都合に合わせて注文を出せる方式になっていることが多いので、渡す側ももらう側も気楽です。二次会には遠方から出席する方もいますので、帰りの荷物が重くならないように、目録を上手に使うなどの配慮をしてあげると参加者からも喜ばれます。