年代別にもらって嬉しい二次会の景品を選ぶコツ

いろいろなイベントが催される昨今ですが、集った人々がそのまま二次会に流れて参加して楽しむことも多いでしょう。別の会場でも多くの仲間で楽しい時間を共有する時には、ゲームなどを開催して景品を配るといったイベントも、二次会ではよく目にする光景です。このような時に参加された様々な人に楽しんで喜んで貰える品物選びをする主催者側も、なかなか大変なものです。せっかくならば思い出の品となったり、使って貰えるような景品を用意したいと思っていらっしゃることでしょう。品物を選ぶコツとしては、事前の一次会でどのような会が催されていて、二次会にはどのような人々が何人くらい集まる予定であるのかを、しっかりと把握しておくことがまずは大切です。女性、男性、お子さん、それとも限定された人なのかによって、喜ばれる景品というのも変わってきますので、参加者像を把握しておくことが重要になるのです。

二次会での年齢が同じ人が多ければ景品も手配しやすい場合があります

二次会を開催する時には、その前の一次会が結婚式であれば集う人々も幅広い年齢層であったりしますが、同窓会であれば同じ年齢層が集うことが多いでしょう。また他のイベントでもどのような年齢層に特化したイベントなのかによって、二次会に用意すべき景品も変わってきます。二次会に集まる人の年齢層が幅広いことが事前にわかっている時には、むしろ誰が貰っても喜んで貰えるような凡庸性のある品物、いつの時代にも流行していて人気のある品物、希少価値があると認知されている品物などは喜んで貰えることが多いでしょう。また同窓会のように、同じ年齢層が集まっている時には、その年代に喜ばれる品物をひとつ決めたら、あとは色違いで揃えておくのも良いでしょう。このように集う人々が同属であればあるほど、景品を手配する時の種類のバリエーションも少なくて済むことがあります。

二次会の景品は男女やお子さんの比率も考えて選びましょう

二次会の景品を考える時には、参加される方の年齢層とは別に、男性が好む品物と女性が好む品物という面でもやはり好みが違ってくるものです。服飾などを選ぶ時ならデザインや色、柄などがご自分の感性でも好みが違って感じるように、好みに性差が大きく影響することがあるのです。その点を考えた場合には服装、カバン、雑貨製品などの品物を選ぶ際には、主催者側でも男性用は男性が、女性用は女性が選ぶ方が、景品選びで失敗しないことにも繋がります。これらを二次会の参加の男女の比率を考えて、数の手配をしておくことが必要です。またファミリー層が多くお子様も多いのであれば、お子様向けのグッズ商品も用意をしておく方が、ご家族皆さんに喜んでもらえることに繋がりますので、事前にしっかりとお客様のリサーチをしておくことをおすすめします。