盛り上がること間違いなしの二次会景品はこれだ

結婚式などの二次会は企画も重要ですが、そのための景品選びも重要になります。高額なものも喜ばれますが、面白いものでも場が盛り上がります。景品サイトなどをみていると、旅行券やブランド和牛など非常に高額なものもありますが、自分では買わない少し贅沢な品物、例えば石鹸やドレッシング、駄菓子の詰め合わせ、防災グッズ、罰ゲーム用アイテムなども楽しんでもらえる商品です。大なり小なり、非日常を贈ることが二次会の景品を選ぶコツになってきます。もちろんメリハリは必要になります。全員同程度の景品はゲームの盛り上がりにかけますし、男女ともに参加者がいますので、どちらにも使えるものだけでなく、どちらかが楽しめる商品でも楽しいと思います。ただ景品がもらえなかったという二次会よりも、もらえた方が印象も変わりますので、小さな物でも贈ることができれば盛り上がります。

二次会の景品に利益を求めずに、全て還元する

二次会の会費は主催者と考えますし、参加費も食事代だけでなく景品で還元できることが大切です。利益を求めるものではないので、参加者の方たちが納得できる景品を用意する必要があります。景品選びも主催者と相談しながら行うことは大切です。また人数が多くなれば、より多くの景品が必要となります。ひとつひとつお店で探していてはキリが無いですから、ネットなどでまとめ買いをすることで費用をおさえることができます。また探しに行く楽しみと時間がある方なら苦になりませんが、忙しい中で選びに行くことが難しいかたは、主催者を含み、仲間内でネットを見ながら、もしくはメールなどで具体的な写真などでやりとりをして決める方が、選ぶ人間としても気が楽です。色々と気を使う事が多い幹事の仕事ですから、仕事を分担することは大切です。

ウケばかり狙わずに楽しめる二次会景品を探す

盛り上がる景品ではなく、盛り下がる失敗した景品とはどのようなものなのかというと、やはりウケ狙いの下ネタグッズばかりという形です。楽しいものと笑いものになるものは違います。特に下ネタは嫌悪感を持つ人もいますし、貰っても困るという人もいます。ただ喜ぶ方もいるので、一概にダメとは言い切れませんが、そればかりというのは白けますし、品性を問われます。また持って帰ることを考えて選ぶことも大切です。ある程度大きくても持ち運びが出来る重さであればよいですが、大きなぬいぐるみやビール詰め合わせなど、持って帰る時に苦労する物は困らせてしまいます。また皆に配る勢いの景品に関して、よくある200円のボールペンやハンカチも使うものですから選ばれることが多いですが、沢山持っているのでいらないという物でもあるので、気軽な二次会ですから、選んでもらえる景品があっても良いと思います。